大阪で自然素材のデザイン住宅・注文住宅や
一戸建て・マンション中古物件のリノベーション

納得住宅南大阪の信頼と実績

納得住宅南大阪の信頼と実績
快適に永く住み続けられる家をつくるには、「構造」という目に見えない部分の性能を高くすることが不可欠です。私たちは多くの工法や素材を比較検討し、当社ならではのルールを定めています。基礎や工法・標準仕様は、長期優良住宅の性能基準を上回る強度と快適性を備えたものを吟味し、どんな状況でもお客様が安心して暮らせる家造りを実現しています。

高気密・高断熱の必要性とメリット

どれだけデザイン性が高く、使い勝手のよい間取りで設計されていても、どれだけコストが抑えられたとしても、冬はすきま風が入り暖房が逃げ、夏は外の熱が伝わって冷房が効かない家では、快適に過ごせません。その為に私たちがこだわったのは、気密性と断熱性に優れた家づくりです。

家庭内の健康被害を防ぐ

交通事故で亡くなる方よりも約2倍も多いとされているヒートショックによる入浴死や、全体の40%が屋内で発生するという夏場の熱中症を未然に防ぐには、室内の温度を快適に保つ断熱性と、家全体に冷暖房を逃がさず効きやすくする気密性の高さが不可欠です。さらに適切な換気がされていれば、気温差で発生する結露も抑えられ、カビ・ダニの発生も抑制。花粉や害虫といった屋外からの不快因子の侵入を防ぎます。
断熱性の高い家とは気密性の高い家・低い家

ヒートショックとは?

暖かい部屋から寒い脱衣所と浴室、そして熱い浴槽と、気温差の違う部屋を行き来することで急激な血圧の変動が生じ、身体に大きな負担がかかった状態です。入浴中の場合、血圧の急激な降下で気を失い、そのまま溺死してしまうというケースも。
ヒートショックの血圧の変動
このように家の中の温度に差があることでヒートショックが起こります。

長持ちの秘訣は気密+断熱

納得住宅南大阪の家の構造材には無垢の木材を使用します。築1000年以上を数える国宝級の寺院が木造建築であることからも、その耐久性は明らかです。しかし、特長である耐久性を充分に発揮させるには、木を腐らせないことが重要です。
木材の腐敗は、結露で水分が過剰に含まれることで起こります。ですから、居室だけでなく普段は見えない壁の中まで、温度を安定して保つことができる高気密・高断熱が不可欠です。

燃費の良い家は冷暖房費のかからない家

住宅にかかる費用は購入費用や月々のローン返済だけではありません。毎月の光熱費も含まれます。その中でも冷暖房にかかる費用は、家の建て方次第で大きく変わってきます。
車を燃費で選ぶように、住んでからかかるランニングコストも考えて家づくりする。それが当たり前の時代です。
年間の冷暖房費コストシミュレーション

義務化基準を上回る納得住宅南大阪の省エネ住宅

納得住宅南大阪では、2020年以降に義務化される近畿圏の省エネ基準値を満たす家づくりを行っています。
基準値との比較

具体的数値を算出

また、全棟で断熱性能のQ値とUa値を算出します。

●Q値・UA値とは

断熱性能を示す数値です。熱の逃げやすさを表しており、数値が小さいほど断熱性が高い家ということになります。

高気密・高断熱を叶える標準仕様

納得住宅南大阪は標準仕様で2020年の省エネ基準を満たす家づくりをしています。

外壁材・パワーボード

パワーボード画像
外壁材には、軽量気泡コンクリートを素材にした「パワーボード」をおすすめしています。パワーボードの内部は軽石のような構造になっており、均一に入った細かい気泡が空気層を作り、断熱性、耐火性、遮音性、耐久性を発揮します。

断熱性

パワーボード内部の空気の層が、戸外の猛暑や極寒から室内の温度を守ります。

防火性

コンクリート系なので火や熱に強く、煙、有毒ガスの発生もありません。

遮音性

音を反射させる働きがあるため、騒音が伝わりにくく、静かな室内環境が保たれます。

耐久性

経年変化が少ないため、2世代(50~60年)にわたって張り替え不要をめざすことができます。

セルロースファイバーを標準装備

セルロースファイバーの画像
私たちの造る家の断熱材は、セルロースファイバーを標準装備にしています。セルロースファイバーは、新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材。様々な太さの繊維が絡み合い、ふんわりとした厚い空気の層を作ると共に、1本1本の繊維の中にも自然の空気砲が存在しています。この空気砲が断熱、遮音効果をより高めます。また、木材繊維ならではの吸放湿性で一年中適度な湿度を保つことができます。無結露20年保証で施工後も安心です。
→ 家を包む素材だから、より自然な物を

セルロースファイバーの施工風景【壁】


壁への施工は、柱間のカバーの取り付けから始まります。
ホッチキスであっという間に取り付けられたカバーにカッターで切れ目を入れながら、ホースで均一の厚みに充填していきます。

セルロースファイバーの施工風景【天井】


天井への施工は、ひたすら丁寧に、広い空間にまんべんなく充填していきます。
セルロースファイバーの特長

防カビ・防虫性

木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。害虫に対しても効果があります。

防火性

難燃処理により、万一、火災にあったとしても延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。

耐水性

万一、多少の水分が浸入しても自身の吸放湿性で、下に水が溜まって腐食を招くという事がありません。

Low-E複層ガラス樹脂サッシ

断熱樹脂サッシ画像
樹脂サッシは、一般的なサッシに比べて圧倒的に結露を減らし、暮らしを快適にするだけではなく、カビなどの原因も防ぐことができお子さまにも安心です。また、お住まいの長寿命化にも貢献します。Low-E複層ガラス樹脂サッシなら、寒い冬でも窓面の温度があまり下がらず、そのため結露も抑制し快適な住空間を確保します。
納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅

インスタグラム住宅ギャラリー