大阪で自然素材のデザイン住宅・注文住宅や
一戸建て・マンション中古物件のリノベーション

納得住宅南大阪の信頼と実績

納得住宅南大阪の信頼と実績

30年しか住めない家にあなたの大切なお金を使えますか?

大阪を中心とする近畿エリアで家造りをさせていただいている納得住宅南大阪。
私たちがみなさまにご提供したい家は、3世代が100年にわたり、快適に住み続けられる注文住宅です。長く住み続けることができ、時が経っても、家族の幸せを支えられる。そんな家造りを理念としています。これまでの日本の家のように、わずか25~30年で建て替えなければならない注文住宅ではなく、子や孫にまで受け継ぐことができる家。それこそが“本来の家の姿”だと考えています。

寿命が短い日本の住宅

住宅の平均寿命の国際比較
国交省が出した統計データでは、日本の住宅は、他国の住宅に比べて圧倒的に平均寿命が短いとされています。
四季があり、気温や湿度にばらつきがあるという環境面で、確かに日本は住宅を長持ちさせることが難しいと言われています。

納得住宅南大阪の家づくり

それでも、適した建材や工法を利用することで、丈夫で長持ちする家づくりは可能です。
納得住宅南大阪では、自然素材を中心に高耐久で断熱性の高い選りすぐりの建材を使用して、ロングライフな家づくりをしています。
また、国が定めた2020年に義務化となる省エネ基準にも対応した家づくりをおこなっております。

お子様やお孫様が住宅ローンを組まなくてもいい

納得住宅南大阪の信頼と実績
住まいを受け継ぐということは、お子様、お孫様が、ローンを組んで新築を建てる必要がない、ということです。大切な子孫が、住宅ローンに追われることなく、人生を楽しむために蓄えたお金を使うことができる。3世代続く注文住宅は、そんな豊かな暮らしを実現します。

資産価値を長く保つことができる

3世代、100年続く注文住宅とはつまり、家そのものが丈夫で長持ちであるということ。そうした家は、資産価値を長く保つことができ、万が一、手放さなくてはならなくなっても、家族のその後の暮らしを助けてくれます。もちろん、ずっと住み続けられるという「安心感」も与えてくれます。

家族の集まる「実家」ができる

巣立ったあとも、気兼ねなく帰ってくることのできる「実家」の存在は、家族の大きな心の支えとなってくれます。幼いころに育った家が、まだそこにあり続けてくれる。何かあれば、その家にみんなが集まってくる。そんな幸せを、3世代続く注文住宅はかなえてくれます。

“長く暮らせる家”のために、私たちが考えたこと。

ベースから頑強であること『基準の1.5倍の基礎』

納得住宅南大阪の信頼と実績
私たちの造る建物は全てベタ基礎を採用しています。通常12cmの基礎巾を15cmとし、コンクリートも18N/mmが主流の中で24N/mmというより強度なものを使用しています。また、地震によるねじれ防止のために、基礎コーナーに斜めのベース部分を作って強度をアップ。アンカーボルトも、1820ピッチで公庫基準の1.5倍です。

 

隅切り基礎を採用
弊社の基礎は通し柱が乗る全ての箇所でコーナー部分は隅切り基礎施工を標準としています。
通常の2.25倍の鉄筋使用量
“木造住宅の基礎では直径9mmの鉄筋を30cm以下の間隔で使用する”という国が定める基準を上回る、直径13mmの鉄筋を15cmの組幅にし、鉄筋使用量を大幅に増やしています。
基礎巾15cm
基礎巾12cmが一般的な工法とされていますが弊社では15cmとしております。多くの鉄筋と基礎巾を太く取ったコンクリートの組み合わせで安定した堅固な建物を造る事が出来るのです。
公庫基準の1.5倍のアンカーボルトピッチ
基礎と土台を接合させる為の金物・アンカーボルトは公庫基準の1.5倍の1.82mに間隔を狭めて施工します。

断熱材が高品質であること『セルロースファイバー』

納得住宅南大阪の信頼と実績
こだわって造った注文住宅なのに、思いのほか早く傷んでしまう。その大きな原因となるのが、外壁と内壁の間に敷き詰められている「断熱材」。従来型のグラスウールの断熱材は、調湿性が低く、カビやシロアリがはびこる「水はけの悪い家」につながりかねません。そこで当社が着目したのが、新聞古紙から作られた「セルロースファイバー」。高い調湿性を誇り、自然の空気泡によって優れた断熱性を発揮します。当社はセルロースファイバーを「注文住宅に使われる断熱材の中では最高のもの」と考えています。
→ → → セルロースファイバーについてはこちらでもご説明しています。

住まいの骨組みが上質であること『ヒノキの無垢材』

納得住宅南大阪の信頼と実績
古くから日本の住まいに使われてきた木の柱。しかし、現在の住まいに使われている柱の多くは、木板を貼り合わせた「集成材」です。私たちは、集成材ではなく、木のねばり、密度をそのまま残した「ヒノキの無垢材」を注文住宅の土台や柱に使用しています。打ち込んだクギをがっちりと固定し、びくともしない頑丈な注文住宅へと導いてくれるのが無垢材。中でもヒノキは、高い強度のために欠かせない木材です。
→ → → ヒノキの無垢材がなぜ家造りに適しているかを確認する。


納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅

インスタグラム住宅ギャラリー