大阪で自然素材のデザイン住宅・注文住宅や
一戸建て・マンション中古物件のリノベーション

2020年基準の家造りタイトル

2020年基準の家造りメイン画像

納得住宅南大阪の注文住宅は長期優良住宅の認定を受け、省エネ性能を表示するBELSを取得しています

BELS(省エネ性能の表示制度)を取得します

BELSマークサンプル

BELSとは?

住宅の省エネ性能に関する以下の点について第三者機構の評価結果を表示する制度です。

●2020年に義務化される省エネ基準を満たしているか
●基準と比べてどの程度省エネ性能が高い(燃費のいい)家か
*当社では2016年4月以降に建築確認申請を行った物件からBELSを取得しています。
2016年4月から国が表示を推奨、建築物省エネルギー表示制度「BELS」
国土交通省は「建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針」というガイドラインを制定。BELSは、このガイドラインに基づく第三者認証マークの一つとして、省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度です。
(引用:一般社団法人 住宅性能評価・表示協会WEBサイト[一部要約])

長期優良住宅とは?

BELSで省エネ基準を満たす『長期優良住宅』とは、建物の長寿命化にあたって以下のような点を中心に基準をクリアし、所管行政庁(都道府県、市または区)から「長期優良住宅建築等計画」と認定された住宅です。
・構造の安定
・劣化の軽減
・温熱環境への配慮
・維持管理への配慮

長期優良住宅の技術的評価方法基準
(イラスト参考:一般社団法人 住宅性能評価・表示協会WEBサイト)

省エネ住宅以外、建てられなくなる?

エコロジー仕様の家が義務化

住宅のゼロ・エネルギー化、という言葉を、どこかで聞いたことがあるかと思います。これは、創エネ(太陽光発電や家庭用燃料電池によって家庭でエネルギーを創造すること)や省エネによって、発電所などから買うエネルギーを限りなくゼロに近づけていく、という考え方です。
省エネ住宅ロードマップ
日本はいま、住宅のゼロ・エネルギー化に向けて動き始めています。2013年、国の省エネ基準が改正され、改めて家に一定の省エネ基準が課せられました。それだけではありません。2020年には、その基準を満たすことが義務化され、さらにその10年後の2030年には、全ての新築がゼロ・エネルギー住宅という社会がめざされています。つまり、近い将来、省エネ仕様の注文住宅以外は建てられない、という状況になるのです。

義務化の前にやっておきたいこと

省エネ基準が義務化される2020年までなら、家をあえて省エネ仕様にする必要はない、と思うかもしれませんが、そうはいかないのが現実です。今後、日本にゼロ・エネルギー住宅が増えてくると、それが「標準の家」になってきます。つまり、省エネ仕様になっていない家は、標準の家が持っている性能を備えていないとみなされ、資産価値が大きく下がる可能性があります。家の資産価値は、これからますます重要視されます。

 

納得住宅南大阪の信頼と実績

2020年基準を満たす標準仕様

 

納得住宅南大阪の信頼と実績
納得住宅南大阪が標準で採用している断熱材「セルロースファイバー」と外壁材「パワーボード」には、高い断熱性能があります。

断熱材

新聞古紙をリサイクルした「セルロースファイバー」は、天然の木を原料としたパルプ繊維が空気の層を作り、外部の熱気や冷気から室内を守ります。
セルロースファイバーについて詳しくはこちら

外壁

細かい気泡が均一に入っている「パワーボード」もまた、気泡が空気の層となり、外気温がそのまま室内に伝わるのを防ぎます。
パワーボードについて詳しくはこちら

 

ほかにも断熱性の高い建材はある、と思われるかもしれませんが、ここで忘れてはならないのは、その高い性能が「ずっと維持されるかどうか」です。

 

例えば、従来型の断熱材であるグラスウールにも断熱性はありますが、調湿性が低いため、断熱材そのものが湿気によって断熱性能を失ったり、家を劣化させたりするケースが多々見られます。

 

外壁材も、10年や20年で傷んでしまうものは、いくら断熱性能が高くても、省エネにつながるとは言えません。
長く、高い断熱性を維持し、将来にわたってエネルギー消費を抑えられる。「セルロースファイバー」と「パワーボード」は、この条件を満たす〝ゼロ・エネルギー時代の注文住宅建材〟だと考えています。

納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅
  • 納得住宅

インスタグラム住宅ギャラリー