2014.02.28

『3割弱のミセスが「自宅でリラックスできない」』

LIXIL住宅研究所は2月24日、住まいの情報サイトにおいてミセス318人を対象に行った「居心地のよい住まい」に関する意識調査の結果を公表した。

調査時期は2013年12月12日〜2014年1月20日。

まず、自宅でリラックスできているかどうかを聞くと、7割超が「できている」、3割弱は「できていない」という結果に。

リラックスできない理由としては「家が狭い」「お風呂が寒い」「なかなか片付かない」「部屋が汚い」「仕事と家事(育児・介護)で時間が取れない」など、家の問題とライフスタイルの問題に分かれた。

住まいに制約がないとしたらリラックスするために何をやりたいかたずねると、「寝る・お昼寝する」(14%)、「趣味をする(手芸、ネイルケアなど)(13%)、「運動をする(ヨガ、ストレッチなど)」(9%)がトップ3。「自分時間」の使い方を変えたいと考えているミセスが多い傾向にあった。