2014.01.12

『「第4回省エネ・照明デザインアワード」グランプリ』

環境省では、CO2排出量が1990年比で約5割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について省エネ対策をより一層推進するため、優れた省エネ効果と高いデザイン性の両立を達成している施設を表彰する「第4回 省エネ・照明デザインアワード(平成25年度)」を行うこととし、昨年8月から募集を開始した。

本アワードには51件の応募があり、このたびグランプリ及び優秀事例の受賞施設が決定。

 

■グランプリ受賞施設

【公共施設・総合施設部門】

Grand Prix

【まち、住宅、その他部門】

Grand Prix2

【商業・宿泊施設部門 】

Grand Prix3

これらの施設は、1月21日(火)にイイノホールで開催される「省エネ・照明デザインフォーラム2013」にて表彰、紹介される。