2013.12.22

子どもの健康を守る家

ブログをご覧のみなさん

こんにちは コンシェルジュの浅尾です。

 

今日はシックハウスについてです。

近年の家づくりの仕様は、
床材・壁材をはじめ工業化された住宅材が主流です。

床材のフローリングも、表面に加工がなされたシートや
合板フローリングが多く、壁材に至ってはポリ塩化ビニールを
主原料としたビニールクロスが大半を占めています。

私がまだ小さかった頃ももうすでに
そういう傾向だったように記憶しています。

けど、
このまま工業化製品を使った住宅が
多くなっていっていいんでしょうか?

合板フローリングは、製造の過程で大量のエネルギーを
使って大量のCO2を排出します。またビニールクロスも、
廃棄時に焼却されると有害物質を発するなど環境汚染の
問題も実際に指摘されています。

これから未来に向けて日々、あらゆる物事を吸収して育つ
まだ幼い子供たちにはそんな環境はあまりに可哀そうです。

sic

とはいえ

ずっとクロスの部屋で住んでいるし、「慣れ」とか「免疫」
とかと言ってしまえば、そこまでなんですが・・・

 

私が実際に、はじめて漆喰塗の部屋に長時間居た時の、

あのスッキリ感というか..集中力感というか…独特の心地よさ(自然感?)に

自然素材の良さって「あぁコレのことなんかぁ」と、感覚に気付いた時にはホント
感動しました。

 

ぜひマイホームをご検討の際は、
注文住宅にて天然・自然素材を
選び心地よさを体感して頂きたいと思います。。

 
私たちは、床には天然の無垢材壁材も日本文化の一つの塗り壁にこだわります。

 

 

 

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

1月4日・5日■新築・建替え・リフォーム相談会 こちら

1月5日■新春家造りセミナー こちら

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■