2013.11.02

日本エネパス協会と日本ERがエネルギーパスの評価を第三者認証

住宅向けエネルギーパスの第三者認証サービスが来年1月より本格的に開始される。

「エネルギーパス」とは住宅の燃費性能を評価するもので、すでにEU加盟国では賃貸契約の時などに、この表示が義務付けられている。

「日本エネルギーパス協会」が提供するエネルギーパス評価を、「日本ERI(評価格付検査機関)」が第三者として認証を行うというもの。 日本エネルギーパス協会は、この制度の国内盤をハウスメーカーや工務店などに広めている。自己評価による運用が基本で、導入企業は住宅の省エネ性能を建築主などに対して説明する際に利用している。

 (新建ハウジングDIGITALより転載)