2013.10.04

よくあるご質問

納得住宅南大阪について教えて下さい。

「最幸の住宅」をご提供するために立ち上げた、株式会社CONY JAPAN(コニー・ジャパン)の新築事業部門です。CONY JAPANは1970年の創業以来、大阪を中心にリフォーム一筋で業務を行ってきましたが、「建て替えをしたい」「新築もそちらで」というお客様の声をたくさんいただくようになりました。私たちは、そんな声にお応えするとともに、これまでの家づくりが置き去りにしてきた「本当に長く住める家」「家族に最高の幸せをご提供できる家」を実現したいと思い、納得住宅南大阪を発足しました。

納得住宅南大阪の家造りの考え方を教えて下さい。

詳しくは「家造りの考え方」でお話ししておりますが、私たちが家造りで最も大切にしているのは、「家族が3世代にわたって住める家」を造ることです。これまでの日本の住宅のように、25〜30年で建て替えることが前提の住まいではなく、子や孫に受け継がれ、資産価値を保ち続けられる住まいこそ“家本来の姿”だと考え、長く、幸せに住み続けられる家をご提供しています。

家を建てたいと思ったら何から始めればいいですか?

私たちは、家は単なる「人が住む箱」ではなく、家族が思い思いの人生を叶える「夢を育てる場所」だと考えています。ですから、家の間取りや価格などを検討する前に、まず「建てた家で、家族みんながどうなりたいか」を、ご家族のみなさまで話し合ってください。その上で、当社の「家造りの考え方」と方向性が合えば、ぜひご相談くださいませ。

坪単価はいくらですか?

30坪の家を建てた場合の坪単価は、55万円です。ローコスト住宅と比べれば決して安くはありませんが、坪単価の中には、私たちが「数ある建材の中で最高のもの」と自負している「柱のヒノキ無垢材」「断熱材のセルロースファイバー」「壁材の漆喰」が標準仕様として含まれています。特に「セルロースファイバー」は、他社メーカーではオプションになっていることが多い高価な断熱材ですが、長持ちする家造りのためには欠かせない材料であることから、標準仕様にしています。  ちなみに、坪数が40坪を超えると、坪単価は40万円台に下がります。

資金について相談に乗ってもらえますか?

喜んで相談に乗らせていただきます。資金相談というと、家を建てるお金をどう工面するか、という話題になりますが、私たちはまず、お客様の「ライフプラン」から考えていきます。人生に必要なお金は、家の建築費だけではありません。お子様の教育費、毎日の生活費、税金…。そうしたものをトータルに考え合わせ、どんなローンを組むのが最適かからアドバイスさせていただきます。  なお、資金相談に当たりましては、当社と提携するファイナンシャルプランナーが専門知識をもって対応させていただきます。

建物以外の諸経費にはどんなものがありますか?また、いくらかかりますか?

土地や建物のほかに、以下の経費がかかってきます。 ・土地、建物の登記費用 ・契約のための印紙代 ・建物土木局に申請するための印紙代 ・水道加入金 ・受益者負担金(下水) ・住宅ローンの保証料(現金で購入する場合はかかりません) ・地盤保証、性能保証登録費用 これらで、およそ100〜200万円の費用が別途必要となります。

土地探しも頼めますか?

もちろんです。お客様の家にとって最適な土地を見つけるために、あらゆるネットワークを駆使してお探しいたします。  土地の大きさや形だけでなく、駅や主要道路からのアクセスは良好か、水道管やガス管の引き込み工事は容易か、虫が大量発生しないかなど、実際に私たちがその土地に出向き、自分の目で確かめたり、近所の人からお話をうかがったりした上で、「ここなら自信を持っておすすめできる」という土地をご紹介します。

施工エリアは?

大阪府、奈良県、兵庫県の一部です。それ以外の地域であっても、当社が信頼するフランチャイズ店をご紹介できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

工事期間はどのくらいかかりますか?

平均4〜5ヶ月はいただいております。「長い」と思われるかもしれませんが、私たちは、確かな品質の家を建てるために、工期にはある程度のゆとりを持たせています。スピードを優先すると、工事を急ぐあまり、ミスやトラブルが起こりがちになり、いい家造りができません。完成まで少しお待たせしてしまいますが、造るプロセスから高品質であるために、あえてお時間をいただいております。

相談を始めてから、どれくらいで家が完成しますか?

これまでの経験から申しますと、お客様と初めてお会いしてから、だいたい1年ほどで住まいが完成しています。当社では、お客様とのお打ち合わせにたくさんの時間をかけ、じっくりと話し合いながら家創りをしていきます。1年という長い期間ではありますが、「本当に欲しかった家」をめざし、いっしょにいい家創りを楽しんでいただければと思います。 【期間の目安】 ・ご契約まで=1ヶ月半〜2ヶ月 ・設計等の打ち合わせ、各種申請=3〜4ヶ月 ・建築工事期間=4〜5ヶ月 …合計=約1年

打ち合わせはどこで行えますか?

関西13カ所にある当社のリフォーム部門「スペースアップ」のショールームで行っています。あらかじめご予約をいただきますと、納得住宅南大阪の専門スタッフがお客様のお近くのショールームまでまいりますので、遠くまで足を運んでいただくことなく、お打ち合わせができます。

設計契約とは何ですか?

分かりやすく言えば、家を建てる契約を当社と正式に交わす、ということです。設計契約前は、家創りに関する費用はまだ発生しませんが、設計契約を交わしてからは、「業者決定の契約料」の25万円を皮切りに、さまざまな費用が発生してまいります。なお、設計契約前のご相談段階であっても、1プランはお客様にご提案します。

間取りは自由に設定できますか?

はい。それが注文住宅の良さであり、最大の特徴でもあります。お客様が思い描く家をお創りするために、最初に「家造りの友」というカルテをお渡し、そこにお客様の家族構成やライフスタイル、住まいへのご希望を書いていただけるようにしています。それをもとに、お客様の家族にぴったりの間取りを話し合い、決めていきます。

工事中の家を見ることはできますか?

あらかじめご予約していただければ可能です。お客様の安全を守りながら、コンシェルジュがご案内します。

納得住宅南大阪で建てた実際の家を見ることはできますか?

できます。オーナー様に許可をいただき、お客様をご案内できる体制を整えていますので、外観はもちろん、家の内部まで見ていただくことができます。オーナー様とお話していただくこともできますので、建てたときの感想、住み心地など、何でも聞いてみてください。

納得住宅南大阪の建てる家の基礎はどんな基礎ですか?

荷重に強く、湿気やシロアリの侵入も防ぐと言われる「ベタ基礎」です。基礎は家を支えるベースですので、ここを頑丈に作っておくことが、安心して住める家造りにつながります。当社では、鉄筋の使用量は通常の2.25倍に、コンクリート強度は通常の1.33倍にすることで、より堅固な基礎を築いています。

納得住宅南大阪が標準仕様にしている外壁材「パワーボード」とは何ですか?

ずば抜けた断熱性能を持つ外壁材です。有名ハウスメーカーでも使われている木造専用の外壁材で、高い防火性もあります。パワーボードは、内部が軽石のような構造になっており、細かい気泡が空気の層を作って、夏の暑さや冬の寒さから室内を守り、温度を一定に保つ働きがあります。

納得住宅南大阪が標準仕様にしている断熱材「セルロースファイバー」とは何ですか?

新聞古紙からリサイクルされたエコロジーな断熱材です。一般の住宅には、グラスウールを断熱材として使うケースが大半ですが、グラスウールは湿気を吸って壁の中で重くなり、カビやシロアリの原因を作ることもあります。一方、パルプ(木)が原材料であるセルロースファイバーは調湿性に優れており、結露を起こしにくい特徴があります。また、パルプ繊維の中に自然な気泡が存在しているので、高い断熱性や遮音性を発揮します。

納得住宅南大阪が標準仕様にしている「漆喰」とは何ですか?

石灰を主な成分とした壁材です。格段に補修しやすい上、空気中の二酸化炭素と結びついて、年月が経つほど固く丈夫になっていきます。漆喰は、築100年以上の蔵や古民家でもよく見られますが、それだけ長持ちをもたらす壁材であるということです。

無垢のフローリングと一般的なフローリングの違いは何ですか?

無垢のフローリング材は、木をそのまま床材にしたものです。一方、一般的なフローリング材は、合板を貼り合わせ、その上にフィルムを貼ったものです。一般的なフローリング材は、傷には強いですが、窓辺から注ぐ紫外線によってフィルムがはがれ、風合いが損なわれることがあります。無垢のフローリング材は、湿度や温度によって反りが生じる可能性がありますが、これは、木が生きているからこそ起きること。10年後も愛着と快適さをもたらしてくれるのは、むしろ無垢のフローリング材だと思います。

無垢の構造材と集成の構造材の違いは何ですか?

最も大きな違いは「頑丈さ」です。無垢の構造材は、天然木の中心部をそのまま木材にしたもので、木のねばり、しなやかさ、密度の濃さをしっかりと保っています。集成の構造材は、字の通り、木の板を集め合わせて作った人工の木材で、価格が安価な反面、天然木ほどの密度の濃さはありません。  その差がてきめんに分かるのは、釘を打ち込んだとき。無垢の構造材に打った釘はびくともしませんが、集成の構造材に打った釘はバールで比較的簡単に抜けます。どちらが建物の頑丈さを支えてくれるか、容易に想像できます。

工事中は職人さんへのお茶出しをした方がいいのでしょうか。

お気遣いありがとうございます。ですが、かえって職人が恐縮しますので、お茶出しはしていただかなくてかまいません。昔は、毎日のように職人にお茶を出すという風習もあったようですが、現在はございませんので、どうぞお気をわずらわすことなくお過ごしください。

付帯工事とは何ですか?

家そのものを建てる「本体工事」とは別に、家まわりのさまざまな面を整える「付帯工事」が必ず発生します。例えば、ガスや水道の引き込み工事、地盤調査、地盤改良工事などです。付帯工事の費用は土地によってまちまちで、数十万円ですむこともあれば、100万円を超えることもあります。当社では、何にどのくらいの費用がかかるのか、事前にお客様にご提示しています。

住宅に保証はついていますか?

日本住宅保証検査機構(JIO)に登録しておりますので、万が一問題が生じた場合には保険金が支払われます。また、自社保証もありますので、何かあった場合は責任を持って対応いたします。

アフターメンテナンスはどうなっていますか?

3ヶ月、6ヶ月、1年、2年の定期点検を行います。単に定期点検をするだけでなく、家を建てたあともずっとお客様とつながっていたいと思っておりますので、オーナー様を対象とした「オーナーズイベント」などを企画し、お付き合いを深めてまいります。

オーナーズクラブとは何ですか?

納得住宅南大阪で家を建てられたオーナー様が集まるクラブです。新築後、すべてのオーナー様に、入会費、年会費無料で加入していただいています。イベント企画のご案内などをお届けしますので、弊社スタッフやオーナー様同士の交流にお役立てください。