2016.11.25

『定年後の夫婦の寝室「別々派」が増加!?』

住環境研究所はこのほど、55〜69歳の男女550人(男女1:1)を対象に「定年後の夫婦の暮らし」についての意識調査を実施した。

夫婦の寝室の希望について聞いたところ、全体では「一緒派」が53.1%、「別々派」が46.9%と一緒派がやや多いものの、6年前の2010年に行った調査(一緒派=56.0%、別々派=4 4 . 0 %)に比べると別々派が増えていることが分かった。

女性については、より強く「夫婦別々の寝室」を希望する人が2010年の26.0%から36.7%に10ポイント以上も増加していた…。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-20-22-22