2016.08.26

『常識を覆す新外装材』

窯業系外壁材など各種建材の製造・販売を手がけるニチハは、窯業系サイディングでは今まで誰も考えなかったという“鏡面仕上げ”に挑戦した、常識を覆す新外装材「COOL」を発売した。ラインナップは、“未来”を感じさせる“Mirror”(鏡)の輝き「ミライア」と、人々の“Memory”(記憶)に残る印象的な壁「メモリア」の2タイプ。

「ミライア」は、これまでのサイディングでは実現不可能と言われていたシルエットが映り込む、驚きの「鏡面フルグロス仕上げ」を実現。モノカラーとリアリティーを追求した大理石調などの多彩な色ラインナップに加え、フルオーダーの特注色対応を予定する。

「メモリア」は、好みのカラーを自由に組み合わせ、オリジナルの外観デザインが可能。15色のカラーパレットに加えて、フルオーダーの特注色対応を予定。「アイディア×個性」のクリエイションで、作るもの・見るものの記憶に残る印象的な壁面を創造する。

ニチハ