2015.11.28

『大阪・阪神間・兵庫のミセス意向調査』

サンケイリビング新聞社とグループ会社のリビングくらしHOW研究所は、大阪・兵庫のミセスに対して、自分の住む市区について暮らし心地を評価するアンケートを実施し、転居・移住の意向についてのまとめを「暮らしと街アンケート2015」調査結果(大阪・阪神間・神戸)として発表した。

それによると、「将来にわたって今の市区に住み続けるか?」という問いに対して、全体の19.9%が「どちらともいえない」と回答し、「できれば他の市区に転居・移住したい」「ぜひ他の市区に転居・移住したい」を合わせると27.7%にのぼった。

sub2

回答者のうち47.0%を占める「持家一戸建て」住まいのミセスは、「どちらともいえない」、「できればほかの市区に転居・移住したい」、「ぜひほかの市区に転居・移住したい」との回答の割合が26.8%だった。

一方、回答者の18.6%に当たる「賃貸マンション」住まいのミセスは、27.7%が「どちらともいえない」と回答。「できればほかの市区に転居・移住したい」、「ぜひほかの市区に転居・移住したい」も合わせると40.7%にのぼった。

「どちらもといえない」を含めた転居・移住に関心を示す回答者27.7%に、地方へのあこがれを聞いてみたところ、42.8%が都市部を離れて地方で暮らすことに関心を持っていることが分かった。年代別では、30代、40代が多く「憧れる」と答えた。