2013.04.06

量・質ともに次元の違う・・・

サリーナ グリーン

先日、日銀の金政策決定会合が行われました。

ここで決まった事がどういう内容なのか。

そして、これから住宅業界にどういった影響を与えるのか。

硬い話しですが、とっても重要な内容です。

 

今回の施策内容の一部。

・マネタリーベースを2年で2倍

・長期国債の保有額を2年で2倍

・長期国債の買い入れを月7兆円

さすが、量・質ともに、次元の違う金融緩和です。

 

そして、これらの施策の与える影響は、長期国債の利回りの低下を促すものになります。

すなわち、長期金利の低下に繋がります。

早速、4月の住宅ローン金利動向は過去最低を更新しました。

 

これから固定金利は更に下がる事が予想できます。

それに反して、変動金利は、インフレターゲットが2%を超えない限り据え置きです。

 

来年の4月には、消費税が5%から8%に上がります。

この金利施策でどちらがメリットがあるのか、一概に言えなくなりそうです。

それに、住宅ローン減税拡充もありますからね。

 

家造りのこういった面も今後注目です。

 

↓↓これからの日本ではお家の資産価値が重要になります。
btn_korekara_off

_T5N4561

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□
住宅ローンについて書いてます。
住宅ローンの進め方①
住宅ローン減税の拡充?
元利vs元金
■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□

納得住宅南大阪 コンシェルジュ 井上賢一

ken1-inoue@cony-japan.com

072-339-0111