2015.10.04

『樹脂窓「APW430」に新商品を追加』

YKK APは同社の高性能樹脂窓「APW430」に内倒しと内開きができるツーアクション窓(ドレーキップ窓)を10月5日に発売する。ドイツでは一般的な窓で気密性の高さが特徴のひとつ。

index_img_vis_01_pc

新商品はハンドルを90度回して開くと「内倒し」状態で開き、ハンドルを180度上まで回して開くと「内開き」できる。室内側に開けることができるため、掃除がしやすいなどのメリットがある。

ダブルLow-Eトリプルガラスアルゴンガス入りで熱貫流率(U値)0.88W/m・K、同クリプトンガス入りで0.76。気密を高めるゴムパーツを3カ所に取り付けたことで気密性能は0.53m/m・hと、引き違い窓の約4分の1に抑えられる。

専用の網戸や日よけ、シャッターなどと組み合わせて使うことができる。