2013.03.31

未来の話しです

_MG04562
ここ数日、未来のことを考える機会がありました。

もちろん、「住」関する事が中心ですが。

これから3年後・10年後・30年後、そして100年後。

世界や日本はどうなっているのか。

そして、私たちを取り巻く環境はどうなっているのか。

そんな事を考える機会がありました。

 

皆さん、スマートグリットと呼ばれているものをご存知でしょうか?

次世代の電力網の事で、電力を使う所同士を光ファイバーで繋ぎ、

ITネットワークで効率よく電力を供給するシステムの事を言います。

加えて、その電力エネルギーは再生可能エネルギーによるもので、

一般家庭や、工事、メガ再生可能エネルギー発電所などで創られます。

つまり、エネルギーの自給自足がなされるネットワークを言います。

これにより、日本のみならず、世界中でエネルギーの供給・需要バランスが整うとされていて、

このスマートグリットと再生可能エネルギーが将来的にエネルギー資源の問題解決策になっているそうです。

 

ここで出てくるのが、一般家庭におけるエネルギーの創エネと、スマートグリットとの関わり。

家がエネルギーを作り出すのは当たり前の時代になっているはずです。

という事は、再生可能エネルギーを使った創エネで、一般家庭での実用できるものと言えば、

太陽光を利用したソーラーパネル。

そして、地熱を利用した冷暖房システム。

将来の住宅は、最低この2つを利用した、創エネが標準になっているのかもしれませんね。

 

あとは、世界や日本の進もうとする方向性とは逆へと向かってしまっている

一部のローコスト住宅の建替え問題も今後出てくるでしょうね。

「住」を取り巻く環境はどんどん変わろうとしています。

特に、家自体の性能や質を向上への取り組みは、今後ますます加速されそうです。

 

↓↓省エネ住宅ってこういったものです。
btn_korekara_off

_T5N4563

納得住宅南大阪 コンシェルジュ 井上賢一

ken1-inoue@conyjapan.com

072-339-0111

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□
資料請求・お問い合わせは専用フォームからお気軽にどうぞ。
btn_req_off

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□