2015.07.24

『怖いと思う自然災害は「地震」96.4%で最多』

一戸建てに住む全国の20歳~69歳男女500人を対象に実施した「自然災害に関する調査」の結果を発表した。それによると、怖いと思う自然災害は「地震」が96.4%、身近で自然災害が起こった際に自宅について不安に思うことは「耐震性」が76.8%でそれぞれ最多となった。

一方、回答者の75.0%が自然災害対策を行っていないことも明らかとなった。その理由については、「対策方法が分からないから」が62.7%で最も多く、「お金がかかるから」が44.5%で続いた。
『身近で自然災害が起こった際に不安に思うこと』では、「家族の安否」(88.0%)、「身の危険」(79.0%)、「家の倒壊」(71.6%)が上位で、そのほか自然災害対策に関する『情報を得るための手段として』は、「テレビ」(88.4%)、「インターネットで検索」(57.6%)、「新聞」(43.4%)が上位となった。

スクリーンショット 2015-07-22 14.23.29

あなたの身近で自然災害が起こった際に、あなたがお住まいの家で不安に思うことをお答えくだ さい。