2015.07.20

『パナソニックが空間除菌・脱臭機を開発』

パナソニックエコソリューションズ社は11月1日、高い除菌・脱臭性能を発揮する「次亜塩素酸 空間清浄機 ジアイーノ」を発売する。在宅介護などの場面で使える「コンパクトタイプ」と、66mの広い空間に対応し介護施設や保育所で使える「標準タイプ」の2機種をラインアップした。

新製品は電解水技術を応用。本体内で生成された次亜塩素酸(電解水)を除菌フィルターに含浸させ、汚れた空気を通過させる「気液接触方式」により除菌・脱臭を行う。
北里環境科学センターが25mの試験空間で浮遊菌数・浮遊ウイルス数・アンモニア臭の変化を測定したところ、浮遊菌は13分、浮遊ウイルスは8分で99%抑制、アンモニア臭は1時間で95%抑制できることを確認した。

150715panasonicesl-jn150714-1-1