2015.06.09

『日本気象協会、太陽光発電の採算性を最新データで評価』

日本気象協会環境・エネルギー事業部は6月8日、最新データを使って太陽光発電予定地の事業採算性を評価する「太陽光発電量の経年変動解析サービス」の提供を始める。

同サービスは、2013年4月にスタート。1985年からの過去30年間の日射量データを使ってメガソーラー建設予定地点の太陽光発電量の変動を解析し報告書を提供してきた。

今回新たに、2011〜2014年までの4年分の解析データを加えることにより、近年の日射量の特性を踏まえた事業採算性やリスクの評価が可能になった。
日射量と発電量の平均値、最大値・最小値、標準偏差、出現頻度、超過確率(一定の発電量以 上となる確率)など、リスク評価に必要な各種情報を把握することができる。

30年間の月別・年別の日射量・発電量のグラフより、対象地点における発電量の年単位・月単位の変動を視覚的に把握できる。