2013.03.25

期間短縮型or返済額軽減型

IMG_1812-Edit

家を建てる時に、ほとんどの方が住宅ローンを組まれます。

そして、住宅ローンがスタートすると同時に、繰上げ返済計画もスタートします。

 

さてさて、この繰上げ返済ですが、実際にには2種類あります。

一つは返済期間を短縮できる「期間短縮型」。

もう一つは、毎月の返済金額を減らせる「返済額軽減型」。

 

単純に、メリットを書くと、

・期間短縮型は、毎月の支払額は同じ。でも、期間が短くなる。

・返済額軽減型は、支払い期間はそのまま。毎月の返済が少なくなる。

・総支払い額は、期間短縮型の方が、返済額軽減型に比べて少なく済む。

 

どちらがいいのかというご相談をよくお受けします。

ですが、一概には判断できません。

今の年金制度がずっと続くようなら、60歳までには住宅ローンを完済しておきたいところ。

住宅ローンを組まれる方のご年齢や、住宅ローンを組む金額。

それに、ご家族の構成がどうなっているか。

お客様により、まちまちです。

ただ、あくまで個人的な考えなので、参考ぐらいにして頂ければと思いますが、

これから、定年の延長や定年制の廃止で60歳を越えても毎月の決まった収入を得られたり、

リバースモゲージ制度が更に確立されていけば、60歳までに完済するメリットが減っていきます。

更に、変動金利でローンを組んだ場合、当然金利が上がる場合もあります。

楽になりたくて、繰り上げ返済をしていたのに、かえって毎月の返済に苦しむなんて事もあり得ます。

また、これから先、怪我や病気で一時的に収入が減る期間があるかもしれません。

そう考えると、期間短縮型よりも、返済額軽減型の方がいいのかなと思います。

当然、総支払い額は期間短縮型よりも増えてしまいますが・・・。

あくまで、私の個人的な意見なのでもしよければ参考ぐらいにして頂ければと思います。

 

リバースモゲージについての記事は↓

一言でリバースモゲージを説明すると・・・

 

 

 

_T5N4561.

納得住宅南大阪 コンシェルジュ 井上賢一

ken1-inoue@cony-japan.com

072-339-0111

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□
リバースモゲージには資産価値の高い家造りが必須です
btn_korekara_off

資料請求・お問い合わせは専用フォームからお気軽にどうぞ。
btn_req_off

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□