2015.05.14

嬉しいお声を、、、

皆さん!こんばんは!

軽トラに乗りすぎてか腰を痛めています秋吉です!

 

わたくし、納得住宅で働かせていただいて1ヶ月ほどが経ちました…。

オーナー様のブログを拝見させていただくと、ボクの名前があったり、

手直しなどでお家におじゃまさせていただくと、「ブログ見てるよー!頑張ってるのが伝わってくるね!」とお声を掛けてくださったり、、、

こんなに温かく迎えいれてくださるとは思っておらず、感激しております!!泣泣泣

すこしアイドルにでもなったような気分でいます。

しかし、そんな期待がプレッシャーにも、、、笑

いえ、男児たるものそれぐらいのプレッシャーがちょうどいいように感じます!

 

皆さんよりも知識が乏しいので、「え、そんなんも知らんのかいな~!?」ぐらいプレッシャーかけてきてくださいね!苦笑

 

というわけで!今回は羽曳野市KM様邸のプレカットの打ち合わせに同行させていただきましたのでプレカットについて投稿させていただきます!

まず、プレカットとは?

柱や梁などを継ぐ部分を、しっかり計算され機械で形造られたものを言います。

それぐらいの知識はもちろん持っていましたが、天見先生と鎌田さんのお話しにはついていけませんでした。_| ̄|○悔しいです!

   
  

こんなに複雑なものを昔の職人さんは自らの手で造っていたんですね〜。

今でも手作業でつくられているものなんですかね?見てみたいものですね!!
ともう一つ、豆知識!

昔の木造建築は、昔と言ってもどれぐらい前のものを指すのかは確認不足ですが、棟上げを終えた骨組みを一年間ほど放ったらかしにして、わざと雨風にさらして、自然に調和⁇しっかりと馴染ませて、乾燥させて木を強くしていたそうです!!

なんと手間のかかることでしょう。

今、見させていただいている職人さんのお仕事には驚かされてばかりですが、

昔の職人さんたちのお仕事も一度拝見してみたいです!!
そうした人たちのようにボクも、人に感動を与えられる職に就けたのだから、

一日一日の仕事を悔いなく果たしていきたいものです!!
はやく一人前になるぞーー!!