2015.05.05

『床材はがさずカンタンに床断熱リフォーム実現』

マグ・イゾベールは、床材を剥がすことなく住みながら床の断熱リフォームが行える専用グラスウール断熱材「床リノベ」を発売した。

「床リノベ」は、床下から施工することで床断熱リフォームの課題(床をはがすため工期・コストがかかる、水まわりリフォームや床張り替えの追加工事的にしか実施できない)を解消したもの。

「マットタイプとボードタイプ」の2種類をラインアップ。

●マットタイプは、全面が穴あきポリエチレンフィルムで包まれているためチクチク感を軽減、低密度で圧縮できるため床下点検口から搬入しやすい。施工は、フィルムの耳部分をタッカー釘で留め付けるため床下からでも容易に作業ができる。

フレキシブルに対応する「マットタイプ」。根太用(洋室/和室、厚さ50ミリ)と大引用(厚さ100ミリ)。

●ボードタイプは、折りたたみ加工をほどこすことで搬入に配慮。こちらは透湿防水シート付きのため、施工後は防風層・気流止めの役目を果たす。
施工は透湿防水シートが床下側になるよう充填し、耳部分をタッカー釘で留め付けるだけで簡単。

透湿防水シート張りの「ボードタイプ」は防風層としても機能。大引用厚さ60ミリ