2013.03.19

密接な関係性

_MG02387

 

年金と住宅ローンというのは、密接な関係性があります。

年金なんて、まだまだ先の話し。

そう思われる方も多くいらっしゃると思います。

実はそうではありません。

 

セミナーではこの年金と住宅ローンの関係性をお話しさせて頂いております。

普段から、年金問題について考えている方はそうはいらっしゃいませんよね。

ですので、この関係性をお話しするとお客様のリアクションはかなりのものです。

 

さわりだけ、ご説明します。

今の制度からだと、60歳からの5年間、年金はもうありません。

65歳から支給される年金のみの仕組みなっています。

例えば、今30歳の人が35年の住宅ローンを組み、60歳で定年を迎えるとします。

この場合、60歳からの5年間、無収入にも関わらず住宅ローンを支払わなければなりません。

すなわち、定年を迎えるまでに、残りの住宅ローン分の資金を貯めておくか、

定年後も収入を得られるようにしておかなければならない。

ということになります。

あくまで、現制度のまま、将来を迎えた場合ですが。

 

これを回避する方法は、

住宅ローンの事をお調べになっている方であれば、おわかりになると思います。

そうです。

「繰上げ返済」です。(内入れとも言います)

 

いくら繰り上げ返済すれば、何年短縮されるか。

それはセミナーもしくは、個別相談でシミュレーションを行っていますので、

一度ご相談下さいませ。

 

年金と住宅ローン。

密接な関わりがある事を皆様ご承知下さいませ。

 

お家の資産価値が高いと将来安心です
btn_korekara_off

_T5N4522

 

納得住宅南大阪 コンシェルジュ 井上賢一

ken1-inoue@cony-japan.com

072-339-0111

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□
資料請求・お問い合わせは専用フォームからお気軽にどうぞ。
btn_req_off

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□