2015.02.28

『揺れを3~5割低減するアルミ製筋交い』

理研軽金属工業は、木造在来工法向けに制震機能付きのアルミ製筋交い「ブレースリー」を提案している。平成25年度日本アルミニウム協会賞(技術賞)を受賞した、注目の制震装置だ。

制震機能付きのアルミ筋交い。従来の軸組住宅の筋交いと同様に施工できる。

国土交通大臣認定「壁倍率2.4」を取得。耐力壁として強度計算できるため、設計の自由度を向上できるのがメリット。
また、エネルギーを効率よく吸収するS字形状の履歴ダンパーを採用することで安定した減衰性能を発揮、地震の揺れを30~50%低減できるとする。

取り付け目安は、建坪15~20坪・総2階住宅で計4カ所。

S字成形した履歴ダンパー。効率よくエネルギーを吸収する。