2015.01.19

『小規模戸建ての満足度は「2階浴室」が決め手!?』

調査研究機関である住環境研究所は、敷地100m以上、延床110m未満の2階建て住宅に住む人を対象に「小規模戸建住宅のプラン実態調査」を実施した。有効回答数は864件(沖縄を除く全国、単身世帯除く)。

それによると、現在住んでいる小規模戸建てのプランは「1階LDK」が94%と圧倒的に多く、「2階LDK」は6%だった。「1階LDK」のうち、もっとも多いプランは「1階LDK+和室+浴室」(54%)で、「1階LDK+浴室」(41%)が続いた。

プランの満足度に着目すると、「1階LDK、2階浴室」(95%)、「1階LDK+和室、2階浴室」(91%)と、2階に浴室がある間取りの満足度が高かった。逆にもっとも満足度が低いのは「1階LDK+浴室」(66%)だった。
150116jkk

浴室に焦点を当て、現在1階に浴室がある人にこれから住む家ではどうしたいかを聞くと、48%が2階に浴室を移したいと希望。また、2階浴室の魅力としては「1階にまとめ買いができる大型パントリーを設置できる」「洗う・干す・しまうが2階で完結する洗濯動線」を評価する人が多かった。