2015.01.03

『「アウトランダーPHEV」(電気自動車)から家庭に給電するシステム』

ニチコンのV2H(ビークル・トゥ・ホーム)システム「EVパワー・ステーション」がこのほど、三菱自動車工業のプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」と連携して家庭への電力供給が可能になった。
「EVパワー・ステーション」は、電気自動車(EV)の蓄電池を利用して家庭に給電するシステム。昨年7月には三菱自動車のEV「MiEV」シリーズとの接続を可能にして対応車両を増やしてきたが、今回要望が多かった「アウトランダーPHEV」でも給電中にエンジンを始動させなければEVと同様に家庭に電力供給ができることを確認した。

エンジンがかかっている際には充電・給電ともできない。

141226nichicon_prw_PI1fl_IMwxtiU5