2014.12.15

『建設業界で働く女性のイメージガール?』

全国の大学生・院生を対象に、「建設・不動産業界に関する意識調査」をモバイルリサーチにより実施した。

10月に日本建設業連合会が発表した建設業界で働く女性の愛称「けんせつ小町」の認知度は約7%だが、同愛称によって、建設業界の女性が将来的に倍増すると約4割が予想している。けんせつ小町のイメージガールになって欲しい女性芸能人は、1位「堀北真希」、2位「綾瀬はるか」、3位「剛力彩芽」という結果であった。

有効サンプルは、男子学生・院生1000人、女子学生・院生1000人の合計2000人。

けんせつ小町のイメージガールになって欲しい女性有名人