2014.09.26

『床下地の撥水養生システムを新発売』

建築金物の総合商社、水上金属は10月1日、床下地合板の撥水養生システム「天使の床下地」を発売する。この養生システムは下地合板表面に噴霧するだけ。現場職人による「粘着性フィルム貼作業」にかかっていた労力と手間を、これまでの4分の1に大幅に圧縮できる。

噴霧する撥水材はF☆☆☆☆基準はもとより、日本食品分析センター試験で安全性を実証し、建て主の健康とともに作業者の安全を確保する製品となっている。

「天使の床下地」の施工作業

大きな特徴は、下地合板の呼吸・調湿性能が阻害しないこと。これによってカビの発生などの原因によるシックハウスのリスクを回避できる。同社は昨年8月以来、10棟以上の現場で施工を重ねており「その養生性能の高さと作業性の良さが作業現場での高評価を得てきた」という。