2014.09.20

『3大都市圏の住宅地が6年ぶりの上昇』

国土交通省が9月18日発表した2014年7月1日時点の都道府県地価調査による基準地価は、全用途平均で東京・大阪・名古屋の3大都市圏では0.8%上昇し、2年連続の上昇となった。なかでも住宅地は0.5%上昇と、6年ぶりの上昇となった。
全国の全用途平均は前年比1.2%の下落だったが、下落率は5年連続で縮小した。

用途別では、住宅地は全国の平均で1.2%下落したが、下落率は5年連続で縮小。全体的に利便性や住環境が良い住宅地は上昇基調が強まっていた。