2014.08.15

『共働き世帯の家事負担の傾向』

住宅カンパニーは、今年2月に発表した「共働き家族の暮らしと意識に関する調査」について詳細分析を加え、共働き家族における家事負担割合などについてまとめた。

それによると、夫婦の家事分担度は妻の年齢が高いほど「妻がほとんどすべてを負担」の比率が高くなっていることがわかった。「25〜29歳」17.1%、「30〜34歳」25%、「35〜39歳」27.8%、「40〜44歳」30.9%、「45〜49歳」36%と、25〜29歳と45〜49歳では18.9ポイントもの差があった。
db0815a

妻の年収別に夫婦の家事分担度をみると、妻の年収が低いほど「妻がほとんどすべてを負担」の比率が高く、妻の年収が300万円を境に家事分担度が大きく変わっていた。

夫の家事負担度に着目すると、「妻と同じくらい負担」「夫のほうが負担」の割合は妻の年収が高くなるほど高くなる傾向がみられ、妻の年収が500万円以上だと25.4%にのぼった。
db0815b