2014.08.01

無垢フローリング

林のブログ。

無垢のフローリング材は、

木をそのまま床材にしたもの。

一方、一般的なフローリング材は、

合板を貼り合わせ、

その上にフィルムを貼ったもの。

一般的なフローリング材は、傷には強いですが、

窓辺から注ぐ紫外線によってフィルムがはがれ、

風合いが損なわれることがある。

無垢のフローリング材は、

湿度や温度によって反りが生じる可能性がありますが、

これは、木が生きているからこそ起きること。

10年後も愛着と快適さをもたらしてくれるのは、

むしろ無垢のフローリング材。

住み続けるお家。

あなたならどっちを選ぶ?

~良縁感謝~