2014.07.11

『食器棚の最高級モデルを発売』

収納家具メーカーのパモウナは、7月9日より収納機能やデザインにこだわった最高級モデルの食器棚「SCシリーズ」を全国の家具専門店にて販売を開始した。

業界初という「ワイドビュー設計」や、鍋や鍋蓋が効率良く収納できる収納機能など、片付けが容易になる工夫を多数施した。あわせて、統一感のあるデザインと塗装、アルミ引出など素材にもこだわったことで高級感を演出し、これまでより幅広い層に選ばれる製品を目指したという。
db711

SCシリーズ

「SCシリーズ」の開発にあたり、同社では「収納に困っている物は何か」をテーマに、「お客様の声」を最重視。生活者が実際に使用しているキッチンなどの写真を約200枚分析し、同社の主婦層社員30人にヒアリングを行うなどの調査の結果、「同じ種類のものでも大きさがバラバラな物(鍋など)」、「手掛け部分が飛び出している物(鍋蓋)」、「奥行がある重い物(箱買いした飲料水など)」、「奥行がある細長い物(脚立や小型の椅子)」の収納に悩んでいることが分かったという。

同製品は、こうした意見を元に開発された。利用することでキッチンを自然にスッキリさせることを目指したという。収納専用スペースを確保し、顧客自身で収納方法を工夫することなく整頓が可能になるのがねらいだ。

db711b

開けるときに手をはさむのを防止するため、扉を少し手前で止めていた問題をクリアした「ワイドビュー設計」。収納されている食器の出し入れが簡単に

db711c

「リッドスタンド」で、鍋ぶたが収納しやすい

db711d

食器棚に入れると不便なもの、入らないサイズのものがキッチンまわりに雑然と置かれることが多いことから開発されたという「スリムストッカー」。 食器棚のメインスペースをきちんと確保するため最小限の幅に設定し、重い物を収納できるように、1 段目と 2 段目の引出は通常の 2 倍の厚みの「重量設計」にした。