2014.05.21

注文住宅の標準仕様ッテナンデスカ?

制作担当の柴田です。

私が納得住宅南大阪に入社したのは昨年の7月のこと。
それまでは注文住宅を自分が建てることも
近しい人間に建てたことがある人もいませんでした。

kitchen03

旬なナチュラルなカフェのようなキッチン

そんな私が入社してまず覚えたのは弊社の標準仕様。
「標準仕様」という言葉自体が初耳ながらも、あくまでオススメであって
注文住宅なんだから好きなものに変更できる基準のような存在なのだろうなぁ
という印象でした。

入社から1年が経とうとしている今もその認識は変わることはなく、
やはり弊社で家造りをされる方は構造や基礎・断熱性能などは標準仕様がベースですが、
キッチンなどの設備や内装材はいろんなショールームを回って
楽しみながら悩みながらじっくり選んでおられます。

kitchen02

弊社標準仕様のヤマハベリーにタイルのあしらいをプラスしオリジナル感アップ!

しかし!
あまり自由が効かない「標準仕様」も巷には割とあるようです。
それはコストを下げる為にあるメーカーのものしか入れられないという制約があったり等
決してデメリットになるだけのことではないようですが…

せっかくの注文住宅をつくるのに、
絶対にキッチンにはこだわりたいと思っていてもメーカーは変えられない…
でも他の色んな部分が着々と決まっている中、キッチンへのこだわりだけで
すべてを0に戻してまで他社に依頼し直すのはあまりにももったいない!
と大切なこだわりをあきらめてしまうなんていうのはとても悲しいことです。

予算が決まっているからこそ、こだわりたい部分とそうでない部分の切り分けや
なるべく早い段階での標準仕様とその自由度の確認はとても重要です。

kitchen01

ザ・オリジナルな対面カウンターのあるキッチン