2014.05.15

地鎮祭のお供えの並べ方

制作担当の柴田です。

今日は地鎮祭に参加させていただきました。

地鎮祭

降水確率の高さにも関わらず地鎮祭中は数分にわか雨がぱらついた程度で
終わった途端に本降りになるという奇跡的な状況の中、地鎮祭は無事終了しました。

祭壇の片づけのお手伝いをしている時、
画像にあるようにお供え物の鯛が神棚の方に向いているのを見て
「神様に正面になるように置いているんだろうね~」とスタッフ間で話していたところ
式を執り行って下さった神主様が「正面かどうかではなく、
おいしい部分が前になるように置いているんですよ」と一言。

お供え物

つまり、鯛のような海の魚はお腹側がおいしい為お腹が前に、
鮎のような川魚はお腹部分は苦く背中の方がおいしい為、
背中側を神棚に向けて並べるのだそうです。

また、仏様へのお供え物に焼き魚やおまんじゅうなどの加工品もあるのに対して、
神様へのお供え物はお米もお魚もお野菜もすべて素材のまま並べるとのこと。
これは、神様が自分で調理してから食べるからなのだとか…
「その為にお塩とお水もあるんですよ~」と気さくな神主様がおっしゃっていました。

一同「な~るほど~」と大変勉強になった一日でした。
神主様ありがとうございました。

ともかく、無事滞りなく完工の日を迎えられますように!

■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□
地鎮祭のことを書いています。
身が引き締まります。
地鎮祭
よく走りました
■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□ ■□■□■□