2014.04.19

『パナソニックが新しいシャワースタイルを提案』

パナソニックは6月2日、立っても座っても使用できる浴室用シャワー「Theシャワー」を発売する。

入浴スタイルが多様化するなか、入浴をシャワーで済ませる人が50%おり、夏場は若年層だけでなく40~60代でも「シャワーのみ」の人が半数以上にのぼるという(2012年東京ガス都市生活研究所入浴レポート)。

同社は1996年から座って浴びられる「座シャワー」を提案してきたが、前述のようなシャワースタイルの多様化に対応し、デザイン性や機能性を向上させるとともに幅広い世代が利用できるようリニューアル。壁から伸びたアーム部分からお湯を広範囲に拡散させることで、きめ細やかで肌あたりがやわらかく、体を包み込むようなシャワーが楽しめるという。

dv4 19

システムバス「ココチーノ」「リフォムス」へのビルトインタイプのほか、在来浴室に設置できるタイプも発売する。