2014.04.12

『チーク古材を使ったユニークな壁材』

TIME&GARDENはこのほど、チーク古材を再利用したシャビィな質感の壁材「モンパルナスパッセージ」を発売する。

チーク古材のピースをいくつも組み合わせてシート状にし、ホワイトステインの擦れ仕上げをほどこしたユニークな木質壁材。「1920年代にパリ・モンパルナスに集った芸術家たちが路地裏の壁をキャンパスにしていた名残りがあり、そこには芸術家たちが残した”幸運の鍵”が隠れている」という独特の世界観を表現している。幸運の鍵のモチーフの焼き印がついたものは、100ケースに1つ程度しか入っていないラッキーアイテムだという。
db412a

db412b

ラージ(ピース高さ40ミリ)

db412c